Now Loading...

Now Loading...

小上がりのある家

工事種別 戸建住宅/新築
敷地面積 180㎡(54坪)
延床面積 132㎡(40坪)
構造/規模 RC+木造/地上2階建

堅牢な構造がもたらす 安心感
木や自然素材に感じる 住まいのやさしさ
心地よい空間の広がり 家族の集いを中心とした住まいをつくる。
太陽光発電に適した南傾斜でなだらかにのぼる大屋根
風の流れを考慮した 空間構成と窓配置
機能的で合理的な建物のフォルムから感じられる 健康的な美しさを備えた建築をめざした。
建築・擁壁まわりには緑を配置。
木々は外観をやわらげ 周辺環境との心地よい距離感をつくり、アプロ-チは楽しめる前庭となる。
内外と続く土間は 前庭と一体となり広がりを感じさせ
畳の間を中心とした1階南側は 居心地のよいふたつ目の集いの場となる。
明るい南を見上げながら階段をあがると リビングダイニングのワンル-ム大空間が広がる。
東西両側は壁面収納等必要な機能を集約、
南北はアウトドアリビング、子供室、木造の傾斜した屋根に沿ってロフトへと繋がる。
キッチン廻りはアイランド配置・回遊動線とし、収納等が子供室を適切に賑わいから隔てている。
リビングダイニングを中心にしつつ
あちらこちらにある書棚や心地良い居所が シ-ンに多様性をつくりだし
住まい全体を 息づかせる。