住宅完成までの流れ

予算計画について

住まいには建築工事費だけでなく、様々な費用が必要となります。
まずは大枠の予算計画が大切です。
予算のなかで建築工事、家具等にあてられる予算を確認してみましょう。
打合せのなかでお話しを聞きながらバランスについてアドバイスさせていただきます。

土地探しからのご相談について

事前にその土地に建つ住宅を想像できれば、安心して土地を購入できると思います。
住まいの考えをお聞きし、土地購入判断のお手伝いができればと考えています。
ご希望の地域、もしくは候補地がお決まりでしたら、お気軽にご相談ください。

フローチャート

1ヶ月 ご予約 まずはお会いすることから始めませんか。
お気軽にお問い合わせください。
顔合わせ 計画の概要、お客様の考え、ご予算をお伺いします。
敷地に関する資料等、ございましたらご用意ください。
私どもの考えや設計例を交え、お話ししたいと思います。
良い感触が得られましたら、計画案の作成に移ります。
計画 計画案をご提示し、お考えのイメ-ジを確認します。
ご要望により修正案をおつくりします。
※現地調査法令調査等
この段階でお断りになることもできます。(無料)
2ヶ月 重要事項説明 今後作成する予定の設計図書・工事監理の方法・報酬の額と支払い時期・契約の解除方法についてご説明します。
設計契約 ある程度計画の方向性が定まった段階で、設計契約を結んでいただきます。 設計契約時10%
基本設計 契約後、計画案を更に検討し、基本設計図を作成します。
(平面図・立面図・断面図 等)等
3ヶ月 住まい方についてさらにお打合せしながら、仕上げ材料や設備についても基本方針を決定します。 設計契約時20%
それらを基にパ-スや模型を作成し、再度イメ-ジを確認します。
4ヶ月 実施設計 設計をさらにすすめ、実施設計図を作成します。
(施工者が設計意図を正しく読み取れるような詳細な図面)
設計図をもとに構造設計を行います。信頼する構造設計事務所に依頼し、構造の安定性を確認します。
5ヶ月 およそ設計図が完成しましたら、ご説明しながら確認・調整を行います。
※行政との事前協議
設計契約時40%
見積もり依頼 設計図をもとに施工会社に見積りを依頼します。
価格の妥当性をみるため、通常2~3社での相見積りとします。
※建築確認申請
確認申請料
6ヶ月 調整 各社が作成した見積りを査定します。
予算と合わない場合は減額案を作成し、それをもとに再度見積り、調整を繰返します。
確認申請業務費構造設計料
施工者の決定 工事金額だけでなく会社の姿勢や技術も加味し、施工者を決定します。
建築主と施工者の間で工事請負契約を結びます。私どもも立会い致します。
7ヶ月 着工 工事が適正に行われるよう、監理します。
状況にあわせ現場を確認し、施工者と打合せを重ね、さらなる質の向上をめざします。
※地鎮祭
8ヶ月
9ヶ月 上棟式
10ヶ月
11ヶ月
12ヶ月 竣工 竣工検査にて確認後、引渡しとなります。建物は私どもにとっても大切で愛着ある成果。竣工後もさまざまなご相談に対応させていただきます。 竣工時30%